パーキンソン病・難病に効くムクナ豆の食べ方、症状・薬の副作用を緩和するための情報です。


奇跡の豆「ムクナ豆」

ムクナ豆は、上手に食べればパーキンソン病や瀬川病、パーキンソン病症候群などいくつかの難病の症状を緩和することが出来てしかも副作用を最小限に抑えることが出来ます。医薬品は、製薬会社が莫大な時間と費用をかけて製造したものですから、当然のことながら効能・効果が確立されています。しかしその一方で、副作用があることも知られています。私は、ムクナ豆と医薬品、それぞれの効能・効果、副作用、弱点を十分に知り、それらがうまく相互に補完し合うように併用すればその苦しみを軽減することが出来ると考え、情報提供のつもりでこのサイトを開設しました。


古代インドのアーユルベーダの時代から知られる「ムクナ豆」



ムクナ豆が様々な病気に効果があることは、古代インドのアーユルベーダの時代より知られています。ただ、近代医学の観点から考察した場合、ムクナ豆に関しては権威のある研究機関や研究者からの情報発信が非常に少ないために「どんな病気に対して、どのように使うと、どのような効果があるのか、その理由は何なのか」のエビデンスがほとんどありません。そのため、一部を除き、医療関係者の間ではムクナ豆は積極的に取り扱う対象物とはなっていません。しかし、病気の症状や治療薬の副作用による苦しみをなんとか和らげたいと願う人は、藁をもつかむ気持ちでムクナ豆の可能性に賭けています。
現在は、その患者さんたちが試行錯誤の結果たどり着いた利用方法が関係者の間に口コミで伝わっているに過ぎないのです。この情報サイトは、そんな口コミを芋づる式に拾い集めたものを紹介しています。
ここで紹介する口コミ情報がすべての人に当てはまるとは限りませんし、病気の種類や進行度合いによってはムクナ豆が必ずしも効果を上げられるとは限りません。ただ、このサイトの情報が病気に苦しむ人の参考になりそしてその症状が少しでも緩和すればこれを立ち上げた意義は充分にあると考えています。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
ムクナ豆販売のたっぷく本舗



TOP ムクナ豆の食べ方 ムクナ豆の効能効果 ドーパミンの豆 注意事項など ムクナ豆の入手方法 ムクナ豆のまとめ