パーキンソン病・難病に効くムクナ豆の食べ方、
症状・薬の副作用を緩和するための情報です。


ドーパミンの豆

ドーパミンは、神経伝達物質と呼ばれ体を動かすには必須の物質です。これが不足すると運動障害ややる気が出ないなど精神的な問題を引き起こす場合があります。

ドーパミンは対外から注入することが出来ず、脳内の黒質細胞で作られるのを頼るしかありません。Lドーパは、ドーパミンの原料で食物から摂取した栄養素をもとにして体内で合成するかそれを含む食物から摂取することになります。

ムクナ豆は、天然成分としてLドーパを多く含むため、豆を食べることでLドーパを体内に供給することが出来るとても貴重な豆です。そのため、一部の人々には「ドーパミンの豆」として知られています。












ムクナ豆とLドーパとドーパミン

ムクナ豆には天然成分のLドーパが含まれているので、それを食べることで腸からLドーパを吸収して血流に乗って脳内に届けることができます。脳に届いたLドーパは、脳内の黒質細胞でドーパミンに変化して神経伝達物質として働き始めます。