パーキンソン病・難病に効くムクナ豆の食べ方、
症状・薬の副作用を緩和するための情報です。


ムクナ豆をどうやって入手するか

当然のことながら食用に適するムクナ豆を選ばなければなりません。それは、Mucuna pruriens(ムクナ プルリエンス)です。ムクナには多くの種類があり、食用に適さないものがありますので注意が必要です。

ムクナ豆を自分で栽培する

食用に適するムクナ豆の種子の販売は一般化していないので、販売されているものが食用に適するMucuna pruriens(ムクナ プルリエンス)かどうかの判断が付きにくい可能性があります。充分に注意しましょう。また、栽培方法についての情報もほとんどないので失敗覚悟でやるしかありません。

日本で栽培する場合は6か月以上を要するのが当然のようです。しかも、開花・結実期は風雨に弱く、そのタイミングが台風シーズンなので被害を受けやすいのが難点です。


















販売されているムクナ豆を購入する

病気の症状緩和の目的のためには、食用のムクナ豆を購入しなければなりません。また、販売者は、個人であれ法人であれ、責任を持った顧客対応が出来て信頼に値するところを選びましょう。

食用としての国産品は見当たりませんが輸入品はあります。口に入れるものですから、どのような場所で栽培されているのか、どのように加工されているのか、どのような手続きで輸入されているのか、はっきりとした販売者を選びましょう。











---------------------------------------------------------------------------

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
無添加100%ムクナ豆販売のたっぷく本舗




TOP ムクナ豆の食べ方 ムクナ豆の効能効果ドーパミンの豆 注意事項など ムクナ豆の入手方法 ムクナ豆のまとめ